罪なBeauty。いしわたり淳治×SHINeeオニュのギミックな世界

beauty-onew

いしわたり淳治さんが作詞を担当された、SHINeeオニュのソロ曲「Beauty」について感想を交えて綴っていきます。

スポンサーリンク
目次

いしわたり淳治×SHINeeオニュ

beauty-onew-gimmick

2022年7月6日に発売された、SHINeeオニュのソロアルバム『Life goes on』をご存じですか。

作詞家・音楽プロデューサーのいしわたり淳治さんがオリジナル曲の2曲に参加されています。

  • 「Beauty」
  • 「遅く起きた朝に」

どちらも人気の曲ですね。

SHINeeのアルバムでもお馴染みのいしわたり淳治さんが、今回はオニュくんとタッグを組んで、ムーディーな「Beauty」の世界を繰り広げました。

ONEW – Beauty

作詞:いしわたり淳治

作曲:David Simon・ALYSA・Carlyle Fernandes

発売日:2022/07/06

SHINeeの曲については、また後ほど触れてみたいと思います。

Beautyで見せたオニュの世界観

beauty-onew-world

普段はニコニコふわふわしているオニュくん。

おもちゃのヘビと戯れたり、ツッコミどころ満載のオニュくん。

そんなオニュくんが「Beauty」では、ギャップ萌えするほどのクールで色っぽい演出を披露してくれました。

オニュくん贔屓な大人女子が、一堂にのけぞったのは言うまでもありませんね。

Beautyの3つのギミック

Beautyの歌詞に見え隠れするギミックについて、深掘りしてみたいと思います。

1. ギミック:24時

ジャズピアノのアプローチからはじまる大人のラブバラード。

“深夜”という括りではなく、「24時」と時間設定を具体的な数字で表しています。

説得力がまして脳裏に残りやすいんですね。

2. ギミック:ワインとガム

いしわたり淳治さんのBeautyの作詞で、震えるほど素敵だと思ったのが「ガム」というフレーズ。

“大人”や“大人っぽさ”の表現にワインが登場しますが、大人とは相反するキラーワード=ガムの効果が絶大。

オニュくんの少し乾いた声と相まって、生々しく感じました。

3. ギミック:Master key

「Master key」というと、SHINeeメンバーのキーくんが浮かびますね。

ソロ活の中で、メンバーの存在をイメージさせるのも、ギミックのひとつではないかと感じます。

キーくんの“BAD LOVE”のリアクション動画でオニュくんが「ちょっとTAEMINみたい」と言っていますね。まさにこれです。

スポンサーリンク

いしわたり淳治の作詞の世界をもっと知りたい

beauty-onew-wine

罪なBeauty。いしわたり淳治×SHINeeオニュのギミックな世界と題して、オニュくんのソロ曲「Beauty」について綴ってきました。

はじめにお伝えしましたが、「遅く起きた朝に」もテイストは違いますが恋の歌です。

あわせて聴いてみてください。

SHINee×いしわたり淳治参加曲集ベスト15

2012年からいしわたり淳治さんが参加した、SHINeeのアルバムからピックアップしました。

あの曲もこの曲も!そうなんです!

あなたが知っている、SHINeeのあの名曲は彼の作品なんですね。

ぜひ、SHINeeのボーカル力といしわたり淳治さんの作詞の世界を堪能してください。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次