Gmail 転送設定で「独自ドメイン メール」がもっと便利になる!ConoHa WING 編

gmail-forward-setting

独自ドメインの「メールアドレス」は、もう取得しましたか?

あなたが利用しているレンタルサーバーで、簡単に作成することができます。ブログやホームページ専用のメールアドレスとして、使い分けられるので便利ですね。

そこで今回は、独自ドメインの「メールアドレス」の取得方法と合わせて、gmail の転送設定を解説していきます。

スポンサーリンク
目次

独自ドメインの「メールアドレス」を取得する

それでは早速、独自ドメインの「メールアドレス」を取得していきましょう。

PCからの設定方法になります。

ConoHa WING 編

STEP
コントロールパネルにログイン

STEP
左メニューの「メール管理」をクリック→「メール設定」を開きます

STEP
「メールアドレス」ページの右側にある①「+ メールアドレス」をクリック
ConoHa WING メールアドレス設定

すると、設定の窓が開きます。

  • 登録形式→「個別入力」(デフォルト)を選択
  • @より前の「メールアドレス」と「パスワード」をそれぞれ入力(任意)します。
  • 容量→200MB(デフォルト)
  • 最後に「保存」をクリック
itolico

今回は、お問い合わせフォームに使用する予定なので「info」を選んでみました。

読者目線でわかりやすいのが一番!

「Contact Form 7」と独自ドメインの「メールアドレス」でお問い合わせフォームを作成しよう

独自ドメインの「メール」を Gmail に転送しよう

次は、gmail で送受信するための設定ですね。

先に取得した独自ドメインの「メール」を gmail に転送します。まずは受信設定からしていきましょう。

gmail の受信設定

gmail 送受信設定画面
STEP
gmailにログイン→右上の①歯車マークから「すべての設定を表示」をクリック

STEP
タブから②「アカウントとインポート」をクリック

STEP
「他のアカウントのメールを確認」→③「メールアカウントを追加する」をクリック

STEP
小さな窓が出てくるので、独自ドメインの「メールアドレス」を入力→「次へ」

取得した「info@〇〇〇.com」をコピペ

STEP
他のアカウントからメールを読み込む(POP3)にチェック→次へ

STEP
「ユーザー名」info@〇〇〇.com
「パスワード」先に取得したメールアドレスのパスワード
「POPサーバー」サーバーを参照 例:〇〇〇.conoha.ne.jp
ポートはデフォルトのまま
  • 「取得したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェック
  • 「受信したメッセージにラベルを付ける」にチェック
STEP
→「アカウントを追加」をクリック

はい、続いて「送信設定」をしていきます。

gmail の送信設定

STEP
「はい。info@〇〇〇.com としてメールを送信できるようにします。」にチェック
→「次へ」をクリック

STEP
「名前」を入力→「次のステップ」をクリック

この「名前」はメールの送信先に表示される名前です。ブログで使用するなら「ブログ名」がわかりやすいでしょう。

  • 「エイリアスとして扱います。」にチェック
STEP
「SMTPサーバー」サーバーを参照 例:〇〇〇.conoha.ne.jp
「ユーザー名」info@〇〇〇.com
「パスワード」先に取得したメールアドレスのパスワード
→「アカウントを追加」をクリック

「ポート」はデフォルトのまま

  • 「TLS を使用したセキュリティで保護された接続(推奨)」にチェック
STEP
「確認コードを入力し、確認してください」入力→「確認」をクリック

レンタルサーバーの「Webメール」のメールボックスに確認メールが届いています。ログインして「確認コード」をコピーし、入力欄にペーストします。

gmail の受信設定 [STEP 6]

トップの画像を参照

④左メニューに「info@〇〇〇.com」が表示されました。新着メールをフォルダ分けして保存することができるのでおすすめです。

  • 「受信したメールアドレスにラベルをつける」にチェックした設定がこちらに反映されています。
itolico

これで設定が完了となります、お疲れ様でした。

サーバーに毎回ログインするのも面倒だもんね。これで gmail での送受信ができるよ。

注意事項

メールが受信されるまで、若干のタイムラグがありますので注意が必要です。

gmailの受信設定時に念のため「Webメール」にメールを残す設定をしています。受信設定[STEP 6]のチェックを外すか、定期的に不要なメールの削除をしてください。

「ConoHa WING」の6か月目の感想

現在「ConoHa WING」に登録して6か月目に入りました。

これまで、無料ブログサービスを利用してきましたが、内心一度はWordPressでブログを運営したいという思いが高まっていました。その念願叶ってただいま奮闘中です。

「先行投資とはいえ、月額費用が約1,000円って元が取れるの?」ということばかり気になっていました。

ここ絶対通り道ですよね。私もキャンペーンの告知を見ながら、何度も自問自答しました。

itolico

お得にはじめるなら初月の今よね!「ん〜でもちょっと待って…」と、この繰り返し。

んもう、やりたいんでしょ?やりなさいよ!

6か月がんばってきて思うことは、はじめて良かったです!

コケるかもしれないし、コケないかもしれない。

コケたとしてもベーシックプランの費用だけと思ってスタートしてみてください。ただし、この先の未来への扉を開くか開かないかはあなた次第。

今日このページを見てくださったあなたへ、ほんのちょっと先輩ブロガーの私からの㊙️情報。

ぜひ、WordPressブログ×Twitterのセットでがんばってみてください。これ最強です。

\ 期間限定!初期費用無料! /

無料で便利な「独自ドメイン メール」

独自ドメインの「メールアドレス」の取得方法と gmail の転送設定について解説してきました。

ConoHa WING ベーシックプランはメールアドレス数が無制限となっています。必要に応じてつくり変えることもできるので、気軽に作成することができますよ。

また利用頻度が高い gmail に転送設定することで、サーバーのメールボックスにメール確認の手間が省けます。

時短につながるので、ぜひ、トライしてみてくださいね。

おすすめ記事

「Contact Form 7」と独自ドメインの「メールアドレス」でお問い合わせフォームを作成しよう

WordPress 初心者が選んでよかった「レンタルサーバー」2021

WordPressテーマ「SWELL」

デフォルトでも着せ替えをしても楽しめるWordPressテーマ「SWELL」。アイデア次第でカスタマイズが自由自在。

システムの不具合に見舞われることなく、あなたの大切な時間は、ブログ記事の執筆に専念できます。WordPressテーマ「SWELL」をぜひあなたのブログで体感してください。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次