「Contact Form 7」と独自ドメインの「メールアドレス」でお問い合わせフォームを作成しよう

contact-form-7

WordPressでブログを立ち上げた方なら、早い段階で「お問い合わせフォーム」を設置していると思います。

ですが、「お問い合わせフォーム」で送受信されるのは、WordPressに登録時のメールアドレス経由になることを知っていますか?

プライベート用と使い分けをしたいという方は、独自ドメインの「メールアドレス」の選択肢がありますよ。

■ ブログ専用の独自ドメインの「メールアドレス」は、簡単にしかも無料で作成可能!

おすすめのレンタルサーバーは こちら から

スポンサーリンク
目次

「お問い合わせフォーム」のメールはどこに届くのか?

プラグイン「Contact Form 7」の設定をする前に、まずは確認することがあります。

さて、あなたのブログの「お問い合わせフォーム」から来たメールはどこに受信するのでしょう。

確認する方法があります。

STEP
WordPress→ダッシュボードから「設定」→「一般」をクリック

STEP
→「管理者メールアドレス」を参照

※この「管理者メールアドレス」に設定されているメールアドレスに受信されることになります。

フリーメールなら専用のメールボックスへ、プライベート用のメールアドレスならメーラーに保存されます。

もしも プライベート用のメールアドレスでWordPressに登録した方は、この点に注意してください。

送信者からのメールに返信するときは、相手先にプライベート用のメールアドレスが表示されます。

問題ないよ!という方は、そのままでOK。

itolico

私はプライベート用と使い分けしたいです。

独自ドメインの「メールアドレス」でお問い合わせフォームを作成する

WordPressにはじめて登録する方は、ワードプレスの設定に一生懸命になっていて忘れがち。実は独自ドメインの「メールアドレス(Webメール)」の取得がタダなんです。

独自ドメインの「メールアドレス」の取得については、こちらのページも合わせて参考にしてみてください。

では早速、レンタルサーバーで取得した、独自ドメインのメールアドレス「info@〇〇〇.com」を使って設定していきましょう。

フリーメールと違って、信頼性もあり、ブログのタイトル入りのアカウントは宣伝効果もありますよね。

独自ドメイン無料、ドメイン登録無制限、国内最速・高性能レンタルサーバーは こちら

プラグイン「Contact Form 7」を入手

Contact Form 7 インストール

「Contact Form 7」をインストール

STEP
WordPress→「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」をクリック

STEP
キーワードから「Contact Form 7」を検索

「今すぐインストール」をクリック→「有効化」をクリック

インストール完了後は、ダッシュボードに「お問い合わせ」のメニューが新たに増えました。

続いて、プラグイン「Contact Form 7」の設定をしていきます。

「Contact Form 7」の詳細設定

STEP
ダッシュボード→「お問い合わせ」をクリック

STEP
タイトル下の「コンタクトフォーム1」をクリック

STEP
タブの「フォーム」設定(読者様入力用の設定)

お名前(必須)、メールアドレス(必須)、メッセージ本文(必須)のみの設定にしました。

STEP
タブの「メール」設定

送信先 info@〇〇〇.com に変更

送信元 [_site_title]< info@〇〇〇.com> に変更

STEP
「メール2」の設定(読者様自動返信メール)→
  • メール(2)を使用にチェック

送信元 [_site_title] <info@〇〇〇.com> に変更

追加ヘッダー Reply-To: info@〇〇〇.com に変更

→最後に「保存」をクリック

固定ページを作成

STEP
ダッシュボード→固定ページ→新規追加をクリック

タイトル→「お問い合わせ」

パーマリンク→「contact」に変更

STEP
ダッシュボード→お問い合わせ→ショートコードをコピー

上記でつくった固定ページに「Contact Form 7」のショートコードをペースト→「公開」をクリック

「お問い合わせフォーム」の送受信確認

送信確認

独自ドメインの「メールアドレス」に変更が完了しました。次は自ブログの「お問い合わせフォーム」からテスト送信確認をしてみましょう。

「info@〇〇〇.com」のメールがGmailのメールボックスに届きましたか?

返信してみる

続いて、受信した「お問い合わせメール」にテスト返信してみてください。ここまで確認しておくと安心ですね。

送信確認はするけれど「テスト返信」をしていないことがあるよ。

薄く見える文字「プレースホルダ(placeholder)」の設定

PCのブラウザ Safari で表示した「お問い合わせフォーム」のページです、シンプルイズベスト。

Chrome では若干小ぶりに表示されます。

itolico log お問い合わせ ページ

ちなみにこんなこともできますよ。

入力欄にあらかじめ薄く文字が入っていることがありますよね。「プレースホルダ(placeholder)」の設定をしてみましょう。

STEP
ダッシュボード→「お問い合わせ」→タブ「フォーム」をクリック

※下記のアンダーライン部分を追加しましょう

お名前(必須) [text* your-name placeholder “山田 太郎”]

メールアドレス(必須) [email* your-email placeholder “yamada@example.com“]

STEP
最後に「保存」を忘れずに

「” “」←引用符間は自由に編集ができるよ。

itolico

面識こそありませんが、プレースホルダは定番の「山田さん」にしました。

スポンサーリンク

お問い合わせフォームがグッと使いやすくなる

以上で設定が完了となります。

これで レンタルサーバー にログインしなくても、gmail でのやりとりができるようになりました。

ただし、Webメールは容量が決まっているので、いっぱいにならないように時々チェックを忘れずに。

ブログ内にお問い合わせページがあるだけで安心感がありますよね。読者さんとのつながりや新たなビジネスチャンスがめぐってくるかもしれませんよ。

当ブログ itolico log でも使っているレンタルサーバー!ただいまキャンペーン実施中!

\ ワードプレス初心者ならコノハウイング!

おすすめ記事

人気の無料テーマ「Cocoon」と相性の良い選りすぐりのプラグインをご紹介しています。

WordPress歴50日の私がCocoonに導入したプラグイン16選

これで解消!WordPressの「管理者メールアドレス」が変更できた

WordPressテーマ「SWELL」

デフォルトでも着せ替えをしても楽しめるWordPressテーマ「SWELL」。アイデア次第でカスタマイズが自由自在。

システムの不具合に見舞われることなく、あなたの大切な時間は、ブログ記事の執筆に専念できます。WordPressテーマ「SWELL」をぜひあなたのブログで体感してください。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次