AdSense「審査用コード」のエラーはConoHaの設定で解決

ConoHa WING 経由で WordPressブログを立ち上げて間もないのですが、Google アドセンスの審査に申し込んでみました。ところが、ここで問題勃発。

WordPress テーマは「Cocoon」を使用しているのですが、所定の場所に貼り付けたはずの「審査用コード」がエラーになってしまいました。

そこで今回は、その対処法について書いていきます。

私 itolicoも使っています。管理画面が1画面でわかりやすいですよ。

国内最速!初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】は、こちら

目次

解決方法は「サイトセキュリティ」設定にあり

この記事を書いた人

itolico(いとりこ)| itolico log 管理人

  1. ブロガー歴10年越え&Webライティング6年目
  2. Twitter:1,000フォロワー(5か月で達成)
  3. HTMLの簡単なカスタマイズも独学でマスター

わからないことがあったら、ネット検索するに限ります。

そこでわかったことは、サーバーの(私の場合で言うとConoHa WINGですね)「サイトセキュリティ」設定が、Google AdSenseの審査用コードをはじいてしまったということなんですね。

逆を言うと、私たちが眠っている間もしっかり守られているというわけです。

それでは、Googleアドセンス の審査に進むため、サーバー側の設定をしていきます。

ConoHa WINGの設定

「サイトセキュリティ」設定方法

STEP
ConoHa WINGにログイン
STEP
「サイト管理」→「サイトセキュリティ」→「WAF」をクリック
STEP
「WAF」利用設定→デフォルトのONを「OFF」にする

ConoHa WINGの設定は「OFF」のままで、WordPressへGO!

WordPress「Cocoon」内の設定

AdSenseの審査用コードを貼り付ける

ここからは少し落ち着いてやっていきましょう。もう少しです。

STEP
WordPressにログイン→ダッシュボード→「Cocoon 設定」をクリック
STEP
「アクセス解析・認証」をクリック

下へスクロールします。

STEP
「その他のアクセス解析・認証コード設定」→「ヘッド用コード」内にAdSenseの審査用コードをペースト
STEP
→「変更をまとめて保存」をクリック
itolico

すべての設定が終わったら、ConoHa WING に戻りましょう。

OFFにした「サイトセキュリティ」の「WAF」をONに戻してね。はい、お疲れ。

スポンサーリンク
\今日のランキングは何位でしょうか/
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


WordPressランキング

まとめ:サーバーの設定で問題解決

AdSenseの審査用コードのエラーについて、ConoHa WING×Cocoon を使用している方向けに対処法を書いてきました。

ちなみにTwitter(@itolico)でつぶやいてみたら、PV数が思ったよりもあったので同じような方がいるのかなと思いました。いいね♡くださった方ありがとうございました。

余談になりますが、Cocoon設定で変更したい内容によって「WAF」のオンオフが関わってくるという感じですね。

いずれにしても、アドセンスのコードがhead内にある限りちょっと面倒な感じですね。審査に通過することができたら外せるのですが…。

ただいまアドセンスの審査に申し込んで、2週間が経過しています。さて、どうなりますか。

追記:Googleアドセンス審査に無事通過しました。当ブログにアクセスいただいた皆さんに感謝です!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる