WordPressの手順を解説!5つのステップで今すぐブログを始めよう

WordPress(ワードプレス)でブログを始めたいけれど、「開設するのが不安…」と二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか?

今回は人気のレンタルサーバー ConoHa WING(コノハ ウィング)で設定を進めていきます。

ブログ開設がはじめてでも、かんたんにやさしく手順を解説していきますので、ぜひあなたもついて来てくださいね。

目次

WordPressのお申し込み

この記事を書いた人

itolico(いとりこ)| itolico log 管理人

  1. ブロガー歴10年越え&Webライティング6年目
  2. Twitter:1,000フォロワー(5か月で達成)
  3. HTMLの簡単なカスタマイズも独学でマスター

ConoHa WING「WINGパック」編

まずは、申し込みをする前に最低限用意しておくものはこちらになります。

  • 運営するブログURL
  • クレジットカード(またはConoHaカード)
  • 電話番号(本人確認の認証のため)
高性能・高機能!レンタルサーバーをコスパで選ぶならConoHa WING

\キャンペーンを上手に利用しよう/

WordPressかんたんセットアップのお申し込み方法

それでは早速、レンタルサーバーの申し込みをしていきます。

ConoHa WING のお申し込みはこちら
STEP
ConoHa WING 公式サイトの「今すぐお申し込み」をクリック

[初めてご利用の方]から「メールアドレス」と「パスワード」を入力してアカウントを登録

→「次へ」をクリック

ConoHa WING お申し込み 画面
STEP
料金タイプ「WINGパック」を選択
itolico

参考までに私の登録時の内容をご紹介します。現在ConoHa WING歴8ヶ月になりました。

契約期間:12ヶ月

プラン:ベーシック

初期ドメイン:入力(サイトURLではないのでわかりやすいものでOK)

サーバー名:デフォルトのまま

STEP
WordPressかんたんセットアップの設定

WordPressかんたんセットアップ:「利用する」

作成サイト名:後から変更可能なので仮のサイト名でも可

作成サイト用新規ドメイン:サイトまたはブログのURLを入力

※「.com」「.net」などがおすすめ

WordPressユーザー名:( WordPressの管理画面へログイン時用・メモ必須)

WordPressパスワード:( WordPressの管理画面へログイン時用・メモ必須)

WordPressテーマ:無料テーマの「Cocoon」を利用の方はチェック

有料テーマを申し込む方はご希望のテーマにチェックを入れてください。

料金を確認したら→「次へ」をクリック

STEP
ユーザー情報を入力

お客様情報入力:各項目をしっかり入力→「次へ」をクリック

電話/SMS認証:電話番号を入力→SMS認証または電話認証を選択

SMS認証の場合は、ショートメッセージの4桁の認証コードを入力→「送信」(本人確認のための認証)

お支払い方法:お支払い情報を入力→「お申し込み」ボタンをクリック

STEP
お支払い方法を選択

2つのお支払い方法から選択してください。

「クレジットカード」タブ:クレジットカード情報を入力

「その他」タブ:ConoHaカードを利用する場合はこちらを選択

→お申し込みをクリック

※完了メッセージと WordPressのインストール完了メッセージが表示されます。

※ WordPress・データベース(DB)情報は必ず控えておきましょう。

itolico

WordPressのお申し込みが完了しました!

さぁ、WordPressにログインしてみよう。

WordPressにログインする

それでは、 WordPressにログインしてみましょう。

STEP
ConoHa WINGの管理画面にログイン

上部タブの「WING」をクリック

左メニュー「サイト管理」→「サイト設定」→WordPressに設定したサイトURLをクリック

「管理画面URL」をクリック

STEP
WordPressログイン画面

WordPressログイン画面が表示

設定したWordPress「ユーザー名」「パスワード」を入力→「ログイン」をクリック

ログインできなかった場合は24時間〜72時間経ってから再度アクセスしてみてください。

お疲れでさました!今日からあなたもWordPressブロガー!

WordPressに登録するまで

迷走する弱小ブロガー

Webライターとしての活動をチラホラしているので、WordPress歴は6年ほどになります。

ですが、自分でWordPressブログを立ち上げるのは初めての試みなので、ちゃんとブログ運営ができるのか不安でした。

しかも月額約1,000円のハードルは意外にも高いですよね。

費用をかけて1年続けられるかもわからないので、このまま無料ブログサービスを継続していくことを選んだ方が良いのでは…と、この辺りだいぶ迷っていたんです。

あなたもそうではありませんか?

ブログ=ビジネスの気持ちが育った

とはいえ、やりたい気持ちがあるから迷うんですよね。

たとえ失敗したとしても、それは行動した証。この気持ちだけで飛び越えたら、あっという間に8ヶ月経ってしまいました。

ブログの成長とともに自分のブログに対する考え方も「=ビジネス」と意識しだしましたね。

WordPressブログを運営すると同時にTwitterにも参加し、皆さん熱いブロガー陣ばかりなので、良い刺激を受けています。

ConoHa WING「WINGパック」のデメリット

ConoHa WING「WINGパック」を8ヶ月間使ってみての率直な感想です。

WAF(ワフ)のオンオフが必要

WordPressの設定で思うように反映されないことがあります。

それはConoHa WINGのサーバー側のWAF(ワフ)設定を一時的に解除する必要があるんです。

WAF(ワフ)とは、Web Application Firewallの略称でWebサイトを外部から守るセキュリティ機能。逆を言うと、この機能があるために安心してブログ運営ができるんですけどね。

困った時のWAF(ワフ)設定

ConoHa WINGのサーバーにログイン

サイト管理→サイトセキュリティ→上部タブ「WAF」をクリック

利用設定を一時的に「オフ」にする

※WordPressで設定後は必ずWAFの利用設定を「オン」にしましょう。

Googleアドセンスの審査用コードの貼り付けやセキュリティ系の設定をする際に「あれ?設定ができない??」と思ったら、こちらの関連記事:AdSense「審査用コード」のエラーはConoHaの設定で解決 でも詳しく解説しています。

ConoHa WING「WINGパック」のメリット

サーバーと独自ドメインがセットでお得

WINGパックは「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」が1つになっています。

レンタルサーバーと独自ドメインを個別に契約したり、独自ドメインの更新料を気にしなくて良いんです。これは地味に維持費がかかるのと正直面倒なんですよね。

ConoHa WINGはタイミングを見ながら月初(無料)の申し込みが最適です。はじめの約1ヶ月は学習期間と割り切って時間を使いました。

管理画面が1画面で見やすく操作性も良好

サーバーの管理画面を見てもらうと一目瞭然。1画面で見やすく、操作しやすいのがとても便利です。

WordPressブログは、サーバー側の設定とWordPress側の2種類の設定がそれぞれ必要になってきます。かんたんに操作できるが一番ですよね。

高性能・高機能!レンタルサーバーをコスパで選ぶならConoHa WING

\ConoHa WINGは初月がお得/

まとめ:WordPressでブログを始めよう

WordPressの手順を解説!5つのステップで今すぐブログを始めよう ということでお伝えしてきました。

さてさて、WordPressには無事ログインできましたでしょうか?

ここまでたどり着いたら、コツコツブログ記事の執筆に向けて邁進するのみです。

今後は「公開」ボタンをクリックするワクワク感をぜひ味わってみてください。この気持ちはあなただけのものですよ。ではまた。

▼いろいろリサーチして、実際に導入してよかった16のプラグインをご紹介しています。

▼レンタルサーバーのinfo@〇〇〇.comの使い方をご紹介。プライベート用のメールアドレスと使いわけができて便利です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる